ニナは中国で考えた。

中国に身を置いてみて知った、日本のこと、自分のこと、中国のこと。
素敵な国・中国!親切な民族・中国人!っていうイメージを
保持したい人は読まないほうがいいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ニナは中国嫌い?
 留学前、私はすごく中国が好きっぽい子だったらしい。去年の夏休みに日本に一時帰国して、大学の友達二人に会ったときに、生活の不便さや中国人に対する愚痴を語った上で「もうとっとと留学終わらせて帰って来たいやね」と言ったら、二人とも仰天して、「へ〜、ニナちゃんはさらに中国が大好きになって帰ってくると思ってたのに」「あんなに中国好きだったのにねー」と口々に言った。そんで私もその反応に仰天した。
 だって、自分ではまったくそんな「中国好き好きオーラ」を出してる自覚がなかったから。実際出してはなかったんだけど、私が中国や香港の映画を観るのに凝ってたり、台湾のミュージシャンのCD持ってたりしてたんで、彼女たちにそう思わせたらしかった。もちろん嫌いだったわけでもなくて、好きになるかどうかなんて住んでみなくちゃわからないっていう、ニュートラルな態度だったつもりなんだけどなあ。

 もちろん、事前にいろいろ中国の状況についても調べてた私は、来てすぐに中国という生活環境(食べ物不衛生、道汚い、人は不親切)に驚いたりがっかりしたりってこともなく、みんなが腹を立ててることでも、50%は予想がついてたから、諦めがついた。当時一緒に住んでたルームメイトが、毎晩毎晩日本に帰りたいと泣いててそれを慰めてたから、自分がホームシックになる余裕もなかった。だから、比較的冷静に環境の変化に対処できたと思う。今正直な意見として言えば、中国で生活するのはハードなサバイバルだし、文句をつけたいところは山ほどある(だからブログで発散してる)けど、中国にはいい面もあることを知ってるし、いい中国人とも沢山知り合ったから、やっぱり今もニュートラルだ。

 実際、日本人の留学生の中には、もう中国が嫌いで嫌いでしょうがない人がいる。どれくらい嫌いかっていうと、
・中華料理は一切食べない(マックか世界各国料理を食べて暮らしてる)
・中国人は動物以下(中国人には礼儀は要らないと思ってる)
・中国に住んでるけど中国語を勉強しない(英語ができるから英語しか喋らない)

 じゃああんたっていう日本人はどんなにご立派なわけ? そんなにイヤなら留学なんかせずに日本に帰っちゃえばいいんだけど、親元から離れて毎晩遊び歩いて、学校行かなくても誰が叱るわけでもない……なんてのが嬉しいらしく、結局彼女はまだ帰国してない(笑)。こんなのは稀だけど、留学に来て早々に、留学先の先輩にちょっと中国生活の愚痴を聞かされて、その先入観からこういうふうになっちゃう学生は、けっして少なくない。

 まあ私はこんなブログを毎日書いてて、中国の生活や文化や人々の性格に不満たらたらだから、じゃあお前はどうなんだ、って思われるかもしれない。でもね、私は頭から中国を嫌って否定してる人を見ると「それは違うんじゃないか」といつも思ってる。
 私はぐちゃぐちゃ文句を言っちゃあいるけど、中国の全部が嫌いってわけじゃなくて、好きなところは好きだし、それはちゃんと認めてる。例えば文化面はわざわざ留学してまで勉強してるくらい好きだし、文学や言語、映画には独特の風格があって、それをぜひ日本に紹介したいとも思ってる。食べ物も美味しいものがあるし、玉石混交の中から玉を探し出すのが楽しい。

 だから、ちゃんと読んでくれてる人には分かってもらえてるはずなんだけど、私がブログで中国の暗黒面(笑)みたいに書いてることはつまり、

・日本人が中国に住んだ場合、どんなカルチャーギャップが生じるか
・日本人から見て中国(人)のどこが欠点として映るか
・日本と中国の常識の違いによって、どんなことに腹が立つか

であって、頭から否定してるつもりはさらさらない。だから、このブログを読んで「は〜、中国人ってやっぱり最低なんだ」とか、単純に思い込まないで欲しい。それじゃニュース番組のキャスターのコメントを鵜呑みにするのと同じだ。これはあくまで私の個人的な主観で書いてることだから、誰かが中国に行って住んでみたら、同じことを感じるとは限らない。中国は広いから、街によってもだいぶ差があるらしいし。

 前述した、来たばかりの留学生みたいに、人の意見をまるっと自分の知識ってことにしちゃって、自分の目を持たずに批判ばっかりしてるのはみっともないし、せっかく若いときの数年を海外で過ごすという、またとない機会に恵まれてるっていうのに、これじゃあ国際人としての資質に欠ける。
 そうやって、中国を頭ごなしに嫌って否定的な意見ばっかり言ってるやつらって、「中国のものならなんでも大好き! 日本人だけどむしろ中国人になりたい!」なんていう人たちと、盲目になってるって点では全く変わりないじゃん、って思うのは、私だけではあるまい。

 反中だーとか変な誤解を受けないように、今日はこんな文章書いてみた。これからは中国のいい面も書いていこうと思う。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://ninablog.jugem.jp/trackback/37
PAGE TOP   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
お知らせ
ブログランキング参加してます。
面白かったなーと思ったらクリックお願いします。
↓↓↓


ブログ検索エンジン

ブログ検索エンジン 31Engine



カウンター 無料カウンター 無料インプラント 費用沖縄 不動産

ご来訪有難うございます。
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
Hips Don't Lie, Pt. 1
Hips Don't Lie, Pt. 1 (JUGEMレビュー »)
Shakira

FIFAワールドカップ、決勝戦の前にShakiraがこの曲を歌うそうです。プロモビデオではShakiraは得意のベリーダンスを披露してて、その自由自在に体が動くさまに感動。ニナ的には原曲「Dance like this」のほうがオトナっぽくて好きなんだけど。
RECOMMEND
ステイディアム・アーケイディアム
ステイディアム・アーケイディアム (JUGEMレビュー »)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

待ってたっつうの。そんで今回のも最高だっつうの。ファンク色が強いんで賛否両論みたいだけどニナ的にはそれがまたたまらんのだ。
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
Search this site.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS