ニナは中国で考えた。

中国に身を置いてみて知った、日本のこと、自分のこと、中国のこと。
素敵な国・中国!親切な民族・中国人!っていうイメージを
保持したい人は読まないほうがいいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
迷惑な日本人にはなるまい。
 私は日本にいる時は、接客業のバイトをしてる。家庭教師もやったことはあるけど、それ以外は全部接客業務ばかりだ。客層が幅広いファーストフード店やビデオレンタル店、ゲームショップ……だから困っちゃうお客さん、いわゆるDQN(蛇足リンクかしら?)の相手をしょっちゅうすることになる。どんな目に会ったことがあるかっていうと、そんなの挙げてればキリが無いので(殴られたこともあるしー)、まあそれはまたの機会ってことで。
 で、接客業をある程度マジメにした事のある人なら分かると思うんだけど、接客業経験前と後では、自分自身がお客さんになった時の店員さんへの感覚が変わってしまう。不真面目な店員への目は厳しく、頑張ってる店員さんにはミスされても寛容になり、完璧なサービスができる店員さんには尊敬の念すら抱いてしまう。つまりお客さんでいる時に、店の立場を考えられるようになった。たとえ自分が働いたことの無い職種でも、店側がお客さんにどこまでするのが限界か、っていうのも大体推測できるってことだ。これらは接客業をして得た大きなものだと思う。少なくともこの点で、私は自分自身がDQNになることは避けられたってことだ。

 だから、私は中国でどんなに店員に嫌な態度を取られても、まず店の状況を見てみることにしてる。「うちには無い!」と言われても、本当に無いのか、私が買いに来る場所を間違えたのか、彼女が探すのをめんどくさがってるだけかを見る。「ハァ?」なんて聞き返されても、先に自分の声が十分に大きかったか、発音が間違ってなかったかを省みる。「できない!」と言われたら、理由を聞いて納得できたらおとなしく引き下がって、別の出来るところを探す。
 まあちょっと弱腰すぎるきらいはあるけど、とりあえずイヤなお客さんにはならずにすんでる。これは実は保身の術でもあって、発音や服装ですでに私が外国人ってことはバレバレだし、もしかしたら日本人だってこともバレてる。そしたらどこに転がってるかわからない反日主義の人に目をつけられちゃうかもしれない。騒げば、もれなく「1人vs絶対的多数」の状況がやってくるのだ。中国ではこれくらいでちょうどいいと、事なかれ主義の私はそう思ってる。いちおう、女の子だし。

 それで、先日書いた飲茶の時に、実はこういうことがあった。
 みんなゆっくりビールを飲んで談笑してる内に、早くも閉店時間が迫ってしまった。店の中も大分静かになって、残ってる客は私たちを含めて3組。あわただしそうに閉店準備をするウェイターたちがうろちょろし始めた時、レストランの会計係がやって来て、「先にお会計済ませてよろしいですか?」と尋ねた。私たちはまだビールを飲んでたけど、料理のほうは大体食べ終わっちゃってたからそれを見計らってやって来たのだと私はわかった。しかし、一緒に食べていた男の子たちが、「まだ食べてるんだから、後にして」と答えた。ここまではまだ良かった。問題はその後だった。

 案の定、会計係はもうすぐ閉店であること、ラストオーダーの時間は過ぎてるのでもう料理は頼めないこと、閉店準備までにレジ締めをしないといけないから、先に会計だけ済ませてくれたら後はゆっくりしてくれていいという旨を説明した。しかしだ。我らが日本人は、
「レジ締めなんて俺らには関係ないし」
「まだビール頼むかもしれないから会計できないよ」
「ほかのお客さんのを先に会計しろよ」
とさんざん文句を言ったのだった。

 そりゃあ送別会だし、水を差されたくないのはわかるけど、会計係がそんなこと知る余地はないし、別に食べ始めて速攻お会計ってわけじゃない。大体その時はもう隣同士になってる人たちがそれぞれまったりトークに入ってて、送別の雰囲気で盛り上がってるわけでもなかった。お会計を先に済ませるくらい、無茶な要求だろうか? 別に店側はさっさと帰れと言ってる訳じゃなくて、会計だけ先に済ませればゆっくりしていいと言ってるんだよ? 別に嫌がらせってわけでもないし。
 お会計を今するか後でするかなんて本当はそんなに重要じゃないくせに、わざといやがらせで突っぱねてるようにしか私には見えなかった。うん。日本でDQNなお客さんがよく見せる態度だね。

 これだけ大きいレストランなら、お会計係が店を閉める前にすべての会計をすませて、その後レジ締めをし、そして売り上げの計算をするとなると相当時間がかかるだろう。私たちがねばればねばるほど、彼はおうちに帰れないわけだ。私は、会計係が食い下がった様子を見て、すぐに「これは本当に急いでるんだな」と感じ取った。普通なら会計係も押し問答なんか面倒臭くてしたくないから、あっさり引き下がるもんなんだよね。でも私より中国在住歴が長い彼らにはわからない……ていうかまあ、彼らは中国人に譲るのがイヤだったみたいで。でも私たちに、彼にサービス残業を強制する権利なんてないはずだ。

 それで、困っちゃった会計係はひっこんで、今度は店の中でもちょっとエライ人がやって来て、同じように私たちに会計を先に済ませるよう頼んだ。そこでやっと、男の子たちは空気が読み取れたのか、財布を出した。
 なんだよ、結局払うのかよ。
 屁理屈こねるならせめて態度に一貫性が欲しいやね。

 今回は不本意ながら、私自身がイヤなお客さんの一人になっちゃったんだけど、なんだか情けなかった。先日書いた「同族嫌悪?」の続きみたいになっちゃうけど、実は中国人に対してやたら横柄な日本人って多いんだよね。中国じゃ「お客様は神様です」は通じないってことを分かってなくて、レストランでウェイトレスを怒鳴る、お金を払う時にお札を投げる、無理な要求をする。もっとヒドイのになると「普段中国人に散々むかついてるから」と自分を無茶に正当化して、わざと損害を与える行為をしたり、店の備品を盗んだりして、それを武勇伝みたいに友達に話して面白がる。それで自分がむかついてるその「中国人」と同レベルどころかそれ以下の、ただの外国チンピラに成り下がってるのがわからないんだろうか? こういうことでほかのまともな日本人の面子をつぶしてるというのに。

 外国で恥をさらせば、それは日本人みんなの恥になる。中国の大学と姉妹校になって交換留学生送り込んでる日本の大学さん、そして留学生の親御さんたちよ。留学前の説明会でこの点きーっちり叩き込むべきだと思うよ。
| comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
そのとおり。外国に来る日本人は
危険:無警戒、無用心、無知識、安易に信じる。

顰蹙かう:傲慢、横暴、軽薄等。

とても恥ずかしい事です。
| レオン | 2006/09/17 1:57 PM |









http://ninablog.jugem.jp/trackback/20
PAGE TOP   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
お知らせ
ブログランキング参加してます。
面白かったなーと思ったらクリックお願いします。
↓↓↓


ブログ検索エンジン

ブログ検索エンジン 31Engine



カウンター 無料カウンター 無料インプラント 費用沖縄 不動産

ご来訪有難うございます。
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
Hips Don't Lie, Pt. 1
Hips Don't Lie, Pt. 1 (JUGEMレビュー »)
Shakira

FIFAワールドカップ、決勝戦の前にShakiraがこの曲を歌うそうです。プロモビデオではShakiraは得意のベリーダンスを披露してて、その自由自在に体が動くさまに感動。ニナ的には原曲「Dance like this」のほうがオトナっぽくて好きなんだけど。
RECOMMEND
ステイディアム・アーケイディアム
ステイディアム・アーケイディアム (JUGEMレビュー »)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

待ってたっつうの。そんで今回のも最高だっつうの。ファンク色が強いんで賛否両論みたいだけどニナ的にはそれがまたたまらんのだ。
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
Search this site.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS