ニナは中国で考えた。

中国に身を置いてみて知った、日本のこと、自分のこと、中国のこと。
素敵な国・中国!親切な民族・中国人!っていうイメージを
保持したい人は読まないほうがいいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
留学生の役得
 今日は卒業式があった……とはいえ、私が卒業したわけじゃなくて、彼氏とそのクラスメイトでもある友人たちが、だ。しかも、一般の中国人学生や一般の学部に所属している留学生は先月にもう卒業式が終わっちゃってて、今日のはそれとは別の、「留学生向け4年制学位取得コース」の卒業式だった。この人たちだけは、なんでかわからないけど、別の日に別の場所で卒業式があるのだ。卒業生は総勢16名、10人ほどの先生と、あとは卒業生の家族や友人だけ、という小ぢんまりした式だった。

 知らない人のために、まず中国留学生の分類を説明すると、留学生のコースは大きくわければ学位取得コースと語学コースに分かれる。先にお断りしとくけど、私はほかの大学のことは知らないから、全部自分の留学してる大学に基づいて書いてる。ご了承のほどを。
 語学コースでは半年から数年の期間、中国語の読み書き・会話・リスニングを学ぶ。これはまったくの未習者から上級者まで幅広くクラスが分かれていて、学費さえ払えば誰でも入れるし、何年いたってかまわない。で、いつ帰っちゃってもべつに何の不都合も発生しない。このコースを一般に「漢語班」っていう。留学生の大部分はこの漢語班の学生で、長くても1年か2年で帰っちゃうのが普通だ。学位はもちろん取れないけど、その分先生たちの管理もユルユルで、どんだけサボってても基本的になんのお咎めもない。もちろん、長いことサボって久々に授業に出たりすれば、ちょっとはイヤミも言われるだろうけど。つまり完全に自己管理にまかされてしまうんで、ユルユルな日本人学生なんかはすーぐ学校に来なくなっちゃったりする……まあ、あくまで一部の学生の話だけどね(笑)。

 学位取得コースは、その名のまんま、学士や修士や博士なりの学位が取れるコースだ。学士なら4年間、修士や博士なら2〜3年かそれ以上所属して、授業に出る。修士や博士の学生はあんまりいないんで、ここではとりあえず大学卒業資格の本科生のことだけ書くことにする。彼らは出席もテストの成績も重要で、サボってばかりだったらまず卒業できない。これを一般に「本科生」っていう。入学制限はHSK(中国語検定試験の一種)で6級以上の語学力があること。それだけだ。つまり、留学生はHSKの級さえ足りてれば、どんな名門大学でも試験無しで入学できちゃうのだ! 一般の中国人学生が、必死で勉強してもなかなか入れないような大学にだよ。留学生ってズルイですね。

 本科生も2種類あって、1つは一般の中国人学生と一緒に勉強する一般本科だ。これが普通誰もが想像する留学生のタイプで、専攻は理系から文系まで幅広く学部と学科を選べる。つまり現地の人と同じ扱いで授業に出て評価をもらい、卒業するってやつだ。
 もう1つは大学が用意した留学生用の本科……つまり専攻が「中国語学」、しかも「外国人向け中国語学(対外漢語)」だ。もらえる学位は文学士。クラスメイトも全員留学生、授業も留学生向けだ。外国人だっていう前提があるから、先生も諦めが入ってて、規律は厳しくないし、単位が足りなくても、1つや2つなら先生と交渉すれば卒業できてしまう。その上卒業論文だってテキトーに先輩のを寄せ集めて、コピー&ペーストしたもので通っちゃう。そりゃあ、まじめに書いた学生もいるけど、そんなのは少数派だ。先生のほうから、盗作材料として昔の論文なんかを学生に提供してるんだから、これはもう公認なんだろう。中にはまる写しなんて学生もいるらしい。
 私は普通の留学生とは違って交換留学だから、一般本科の聴講生ってことで、中国文学の授業に出てた。学位はもらえないけど、授業は差別なく一緒に参加する。発表も宿題も、ばりばりネイティブの中国人学生と同じように回ってくるし、先生も留学生扱いしてくれないから、かなり厳しくて、正直留学生本科が気楽そうで羨ましかった(笑)。大体、私の日本で所属してる大学は、一応国立だけども三流だし、そこから急に中国でも相当名門の、レベルの高い大学に来て一般学生と一緒に授業を受けたもんだから、本当に毎日大変だったよ。って私のことはどうでもいいや。

 留学生の親御さんほうも、こうやって留学するのが得だっていうことをよくわかってる。学費はそんなに安くなくても、生活費がかからない中国で、留学生だってだけで名門大学に入れて、まじめにやってさえいれば学位がもらえる。日本・韓国・ベトナム人以外の留学生はほとんど華僑だから、そしたら親戚も現地にいて安心だ。大体やつらは生まれた時から中国語(方言の場合もあるけど)の環境だし、中学高校と台湾や中国系の学校に通ってるから、わざわざ中国語の勉強なんてしなくても、HSKをちゃちゃっと受ければまず落ちることは無い。基礎があるから入学後もそんなに苦労しない。華僑の留学生本科のやつらは、本当にお気楽だ。
 とまあ、こんな感じで、留学生の楽チン度をあらわすと、

一般本科>>>留学生用本科>>>>>>漢語班

となる。
 この一般本科と留学生本科の差っていうのも、名門大学だとすごく大きくて、だから留学生本科の中には「一般本科に入ったけど、授業についていけなくなったから、専攻を変えて留学生本科に移る」っていう学生が少なくないのだ。実際、私の彼氏もそのクチだ(笑)。

 で、私が今日見に行ったのは、その留学生用本科の卒業式だったんだけど、卒業生の4分の1はそうやって留学生本科に転向した学生だった。別に、彼らを落ちこぼれだって言ってるわけじゃ決してなくて、私は名門大学の一般本科に入るのに、留学生だからってロクな試験を課さない、大学の体質そのものに問題があると思うのだ。なんせ留学生の学費は現地の中国人学生の4〜5倍だから、敷居をできるだけ低くして、沢山の留学生に来てもらって稼ぎたいっていう、商業目的が最初にあるように思えてならない。もちろん、入学時に学力が足りなくても、努力しだいでエリートの中国人学生に追いつき追い越すことだってできると思う。実際、そうやって最後まで一般本科で頑張って、卒業した学生だって知ってる。だけど、本科生は最低4年間は学費を払い続ける、大学にとっては金のなる木であることは確かなんだよね。しかも、入学資格であるHSK6級が受かるまでは、漢語班で勉強するっていう学生が多いから、そしたら5年、下手したら7年はかたいからね。

 ただし大学側も、留学生の学費が特別に高い(寮の家賃だって電気代だって、「外国人料金」だから高いのだ)かわりに、待遇も良くしてくれる。卒業しやすいっていうのもその1つだろうけど、まず年に2回、留学生向けの団体旅行が催される。希望者のみの参加で、ちょっと遠出をする2泊ほどの旅行だ。名所旧跡をめぐったり、バーベキューをしたりして、本来なら一人につき400〜600元はかかりそうな旅行代金が、なんと150元。あとの代金は大学持ちなんだそうだ。これはかなりお得な旅行らしく、私みたいな団体行動が嫌いな人以外でお金に余裕がある人なら、みんな参加しちゃう。それに、本科クラス・漢語班クラスを問わず、学期末にはクラスごとに学生と担任の先生の食事会が開かれて、ちょっといいレストランでご飯が食べられる。これもお代は大学持ち。
 今日の卒業式だってそうだ。会場は小さいし、式自体は簡素であっさり終わったけど、その後すぐに、学校の近所にある結構高いレストランで、大学が卒業生を招いての昼食会があった。これは、すごい大盤振る舞いだ。何年にもわたって儲けさせてくれた学生たちに、最後の大盤振る舞いってことだろう。

 こうして持ちつ持たれつな留学生用本科生たちと大学は、今日をもってお別れとなった。卒業生たちは、これから新しい生活を歩む。就職する者、これから就職活動をする者、修士課程に進むもの、とりあえず母国へ帰る者。彼らの前途が明るいことを祈る。留学で学んだものを発揮できますように。でもあんな卒論の書き方はないよなあ。
 しかし外貨で大学を潤わすっていうのはうまい考えだよね。日本の国立大も独立法人化したんだから、そのうちこういう外国人向けの日本語コースなんてのも生まれるかもしれない。そしたらやたら不良外人が増えちゃうかもしれないけどね。
| comments(9) | trackbacks(149) |
ライズ・オブ・ネイションで遊ぶ
 知ってる人には本当に今さらなんだけど、私は今「ライズ オブ ネイション」というマイクロソフト社のゲームにはまってる。どういうのかっていうと、いわゆる建国シュミレーションゲームで、プレーヤーは自分の国で国民に、資源を開拓させたり林業や農業や商業やらを研究させながら、太古から現代まで文明を高めていくっていうゲームだ。
 目標をゲーム開始前に設定して、その目標に達したら(又は敵に先に達成されたら)ゲーム終了。いろんな目標を立てることができて、全世界征服なんてのから、領地の広さをどこまで広げるかとか、名所遺跡をどんだけ建築するか、なんてのもあって、プレーヤーがそれぞれ好きなタイプの遊び方ができるのが魅力だ。
 もちろん隣の国に攻め込んで征服したり、外交したりもできるし、軍事が発達すれば核兵器だって作れちゃう。最終的には人工知能なんてのもあって、軍隊や市民をすぐに生産できたりなんかして、けっこう怖い未来が垣間見れる(笑)。

 もともとは私の彼氏がやってたゲームなんだけど、彼は一発で都市が一つ壊滅してしまう核兵器が面白いらしく、ばんばかきのこ雲をあげてた。だから私は最初、これは核兵器ゲームなんだと勝手に思ってたくらいだ。核兵器も使いすぎると世界の終わりが来ちゃうし、相手の国も持ってると撃ち込めないんだけど、十何発かまでは通常の兵器と同じように使える。こういう安易に核兵器が使えるゲームを開発しちゃうあたり、さすがはアメリカの会社だわね。そしてきのこ雲あげて喜んでる彼にワタクシが一言、
「あんた、日本が世界唯一の被爆国だって知ってる……?」
とイヤミたっぷりに言うと、
「えっ、まじで? 日本だけなの?」
と素で返されてしまった。問い詰めたら、学校でも習うのは大体南北アメリカの歴史だけで、あんまり知らないとのこと。そういやこの人、私が説明してあげるまで、日本の総理大臣と天皇の違いもイマイチわかってなかったんだったっけか。お国の教育のせいかもしれないけど、南米の人はこうした戦争のことに関する認識が低いみたいだ。核兵器に被爆するとどういう結果をもたらすか、ってこともほんのちょっとしか知らない。でも知らないことは知りたがるんだよね。そういう態度はすばらしいと思う(笑)。

 そこで、私も復習をしながら核兵器の怖さについて講義することになった。資料はネットで探し、写真やYou Tubeの映像なんかも交えながら、ヒロシマ・ナガサキの被害について語った。実はニナは中学の修学旅行で広島に、高校の修学旅行では長崎に行って、それぞれの原爆資料館を見学したことがある。学校主催の旅行だったから、実際に被爆した方の話も聞いたことがある。そういうのを思い出しながら、拙い中国語で一生懸命説明した。
 そしたら、彼はもうこのゲームであんまり遊ばなくなっちゃった。遊んでる時でも、使うと自己嫌悪を感じるから、と言って核兵器は絶対に使わなくなった。

 で、私はどういう遊び方をしてるかって言うと、非暴力設定にして戦争が起こらないようにして、ひたすら文明をすばやく発達させるというだけのモードで遊んでる。国家の財政と資源をやりくりしながら、いかに速く現代まで到達できるか。これがなかなか楽しくて、いまやけっこうな腕前に(笑)。たまに一人遊び設定にして、敵国家数ゼロ、自分とこだけで文明を育ていくという、非常に不毛な遊び方なんかをやってると、「何が楽しんだか」って呆れた顔で見られるけど、それでもいいもん。のんびり国を育てるのって、楽しいんだもの。

 しかし、最初に育てる民族を選ぶとき、「中国人」を選ぶと、特色として「市民と商人の生産が即時にできる」(本来はちょっと時間がかかる)っていうのがあるんだけど、アメリカ人はやっぱり中国人のことをそういう風に見てるんだな。人口はぞろぞろ沸いて増えるし、どこにでもすぐに商売に行く……と。まあ、間違ってないかなと思うのは、私だけではあるまい。
| comments(1) | trackbacks(0) |
蘭州ラーメン屋の紹介文
 昨日はうっかり色々と食べ物を衝動買いしちゃって、そのせいで家に食べ物がちゃんとあるってのに、夜になったら無性に、もうどうしようもなく炒めた河粉(米の粉で作った、きしめんみたいな麺)が食べたくなってしまった。しょうがないから近所で唯一、炒河粉をやってる蘭州拉面の店に行った。出前とろうかとも思ったんだけど、店が閉まってるかもしれない微妙な時間帯だったから、小雨が降ってたけどいっそのこと自分で行ってみようと思った。ちょうど同じくお腹をすかせてたルームメイトと二人で行って、脂っこい炒河粉を食べながら、なんとはなしに「こういう小汚い店でも、グルメライターとか旅行雑誌の記者とかが紹介したら、すごく魅力的になっちゃうんだろうなあ」って話をしてて、今日のネタを思いついた。

 旅行記風に、この蘭州拉面の店を紹介して見よう。
 ニナさんが頑張って書きました。ではどぉぞ。



 中国の西北部、甘粛省は蘭州の蘭州拉面を看板とするこのお店。夜が更けてからも、香ばしいニンニクの香りと、空きっ腹をくすぐるスープの香りに誘われて、ふらりと立ち寄る客が絶えない。4人がけのテーブルが店内に4つ、そして店外にも4つ。夜10時だというのに満員だ。店に入れば、店のおかみさんが、親切に傘置き場を教えてくれる。大きなドアなしの入り口が2方向にあるので、常に人も風も通り抜けられる構造になっていて実に開放的。エアコンも扇風機も無いが、雨上がりの夜風が天然のエアコンだ。
 店はご主人とおかみさんの2人と、調理師兼麺打ち職人の2人できりもりしている。おかみさんは注文をとって職人に伝え、客に飲み物を運ぶ。ご主人がお勘定と出前の受け付け、という分業。店が忙しい時は、ご主人自ら出前を持っていくことも。
 メニューは小さい店ながら意外と多彩で、看板メニューの拉面はもちろん、練った生地を熱湯の中に包丁で削り落として茹であげる刀削面(タオシャオメン)もあるし、麺にプラスもう一品、とついつい注文してしまう涼拌菜(冷たい和え物)も豊富。さらに炒め河粉(ホーファン)や炒飯(チャーハン)もあって、今日はちょっと脂っこいものを食べたい、という客のニーズにも応えられるようになっている。
席について注文すれば、まずやってくるのは涼拌菜。ニンニクと香醋をきかせた人気メニューの拍青瓜(キュウリを叩き割って和えたもの)をつまみながら、ゆっくり麺が来るのを待つのも醍醐味だ。店の中を見回せば、こうした涼拌菜をつまみながら談笑する若いカップルや、ビールをひっかけているオヤジさんたち。店のご主人と談笑する者あり、おかみさんをからかう者あり。下町ならではの人情あふれるふれ合いを感じることができるだろう。
麺は注文が入ってから作るため、ガラス張りの厨房の中で職人が麺を打つ光景がいつでもみられる。初めはただの小麦粉のかたまりにすぎなかった生地が、どんどん伸ばされて麺になっていく光景は見事というしかない。そして打ちあがった麺はすぐに熱湯の中に入れてゆがかれ、スープと選んだ具材を載せてできあがり。シンプルながら、長年庶民に愛されてきた美味さが凝縮されている。ちなみに注文前におかみさんに言えば、麺にトウガラシを入れるかどうか、味を薄めにするかどうか、なんてカスタマイズも可能だ。
メインの麺が来たら、のびないうちにいただこう。各テーブルに置いてある香醋はお好みで。打ち立てかつ茹でたての麺が、たった5元(約70円)で味わえる、中国ならではの小さな贅沢。口の中でほどける煮込み牛肉、のどごしのいい腰のある麺。日本のラーメンとはまた違う、本場の素朴な味に、懐かしさを覚えて胸がきゅんとなることうけあい。あなたも一度訪れて見てはいかがだろうか。




 どうです、行きたくなりましたか? 私の文章力に限界があるから無理かな(笑)。まあ、あくまでネタなんで、そのへんは勘弁してください。ライターさんたちが、どうってことはない店を紹介しろって言われたときに、どんなに大変な目をして読者を騙しているかが良く分かった……。ほんとに難しかったー。
| comments(2) | trackbacks(0) |
PAGE TOP   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
お知らせ
ブログランキング参加してます。
面白かったなーと思ったらクリックお願いします。
↓↓↓


ブログ検索エンジン

ブログ検索エンジン 31Engine



カウンター 無料カウンター 無料インプラント 費用沖縄 不動産

ご来訪有難うございます。
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
Hips Don't Lie, Pt. 1
Hips Don't Lie, Pt. 1 (JUGEMレビュー »)
Shakira

FIFAワールドカップ、決勝戦の前にShakiraがこの曲を歌うそうです。プロモビデオではShakiraは得意のベリーダンスを披露してて、その自由自在に体が動くさまに感動。ニナ的には原曲「Dance like this」のほうがオトナっぽくて好きなんだけど。
RECOMMEND
ステイディアム・アーケイディアム
ステイディアム・アーケイディアム (JUGEMレビュー »)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

待ってたっつうの。そんで今回のも最高だっつうの。ファンク色が強いんで賛否両論みたいだけどニナ的にはそれがまたたまらんのだ。
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
Search this site.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS